白髪染めとは?現役美容師が解説します!おしゃれ染め?白髪染め?違い

ボブヘアの女性の後ろ姿
悩んでいる女性

白髪染めって、そもそもなんだろう?

悩んでいる女性

白髪染めと、おしゃれ染めって何が違うの?

この記事は現役の美容師が、『白髪染めとは?おしゃれ染め?白髪染め?違い』を解説しています

本記事を読めば『白髪染めとは?おしゃれ染め?白髪染め?違い』が解ります。

プロフィール
  • 現役美容師
  • 東京の青山で20年以上美容師として活躍
  • 現在も多くの顧客を抱える
  • 白髪染めを30,000人以上行っている
  • 講師の経験あり
  • メディアにも多数掲載されています
解説します!
目次

白髪染めとは?おしゃれ染め?白髪染め?違い 結論

白髪染めも、おしゃれ染めも髪が染まる原理は一緒です。

白髪染めは暗めに染めたい時

おしゃれ染めは明るく染めたい時

とざっくりと覚えておけば大丈夫です。

実際は白髪染めって、黒く染まるってイメージがあると思いますが明るさは結構な幅で選ぶことが出来ます。

黒くしっかりと白髪を染めることもできるし、明るめの色で染めることもできます。

白髪染めのメカニズム

ハサミ

そもそも白髪ってどうやって染まるのか?

その疑問を解説していきます。

白髪を染めるためのカラー剤には、1液と2液という2種類で構成されています。

1液の成分は酸化染料とアルカリ剤、

2液の成分は酸化剤です。この1液と2液を混ぜることで酸化染料が発色するのです。

アルカリが髪につくとキューティクルを開いて、酸化剤がメラニン色素を分解して

髪の内部に染料か定着して、白髪が染まります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる