MENU
はさみ
現役美容師
現役美容師です!東京の青山で20年以上の経験あり。30,000人以上の髪のお悩みを解決してきました。メディア掲載多数。講師の経験もあります!

グレイヘア移行 1番最初に行うことを解説 移行期間も解ります

悩んでいる女性

白髪染めを辞めてグレイヘアになりたい

悩んでいる女性

グレイヘアになる為に、何をしていったら良いかわからない

この記事は現役の美容師が、『白髪染めを辞める時に1番最初に行うこと 』を解説しています

本記事を読めば『白髪染めを辞める時に1番最初に行うこと 移行期間も』が解ります。

プロフィール
  • 現役美容師 『はさみ』と申します
  • 東京の青山で20年以上美容師として活躍
  • 現在も多くの顧客を抱える
  • 白髪染めを30,000人以上行っている
  • 講師の経験あり
  • メディアにも多数掲載されています
解説します!
目次

グレイヘア移行 1番最初に行うこと 移行期間は?結論

白髪染めを辞める時 1番最初に行うことの結論ですが

黒く染まっている白髪染めにハイライトカラーを入れて、毛先に明るさを出すと同時に擬似的に白髪を作りましょう。

グレイヘアへの移行期間は?

ショート、ミディアム、ロングによって期間は違いますが、6ヶ月〜1年3ヶ月ほどかかります。

白髪染めを辞める時 1番最初に行うことハイライトを入れる

はさみ

ハイライトを入れることで根本が生えてきて、パッキリと分かれる状態をぼかせます。

グレイヘア移行には最初にハイライトを入れる

根本の白髪を染めないことがポイントです。

根本の白髪が気になるのはわかりますが、根本を染めてしまったら

3週間位で、すぐに根本の白髪が気になってしまいます。

はさみ

グレイヘアになろうと思ったら、がんばって耐えましょう。

暗い白髪染めほど明るくなりづらい

白髪染めが黒ければ黒いほど、その髪を明るくすることが難しくなります。

ほんのり明るくなるくらいのカラー剤では、全く明るくならない可能性もあります。

はさみ

インディゴ入りのヘナなんかで染めていると明るくなりません。

そこで、ブリーチなどの薬剤を使って、細く髪を取って明るくしたい部分を染めます。

ブリーチは傷むという事を聞いたことがあると思いますが

はさみ

ポイントで染めるので、痛みは心配しなくて良いです。

髪が明るくなるメリット

ハイライトを入れることによって、黒く染まった髪が明るくなり立体的になります。

1色で染めた、のっぺりした状態ではなくなります。

少し明るくなることによって、軽さも出てきます。

髪が明るくなるデメリット

黒い白髪染めを明るくするには、強い薬剤を使わなくてはいけません。

そのため、明るくすればするほど、ハイライトの量を増やせばすやすほど

髪にダメージが出てしまします。

髪がダメージを受けると、ツヤがなくパサツキ、まとまりずらくなってしまいます。

はさみ

どのくらい明るくできるかは白髪染めの濃さで変わってきます。

地毛の色より暗く染まっている髪は明るくなりづらいです。

白髪染めを辞める時 1番最初に行うことを解説 移行期間も解ります まとめ

白髪染めを辞める時 1番最初に行うこと 移行期間は?

黒く染まっている白髪染めにハイライトカラーを入れて、毛先に明るさを出すと同時に擬似的に白髪を作りましょう。

ショート、ミディアム、ロングによって期間は違いますが、6ヶ月〜1年3ヶ月ほどかかります。

ポイント
  • 根本は染めない。
  • ハイライトを入れて、根本の生えてくる白髪をぼかす。
  • 暗い白髪染めほどブリーチを使いましょう。

根本の白髪は染めずに、耐えましょう。

その代わり、ハイライトカラーを全体に入れて、擬似的な白髪を作りましょう。

はさみ

明るさも出て、動きも出て1色で染まっているよりも動きが出ます。

根本のパックリと生えてきているリタッチの感じをぼかすことが出来ます。

地毛の黒より黒い白髪染めの場合は、ブリーチを使いましょう。

1回でグレイヘアになることは出来ません。

白髪染めを辞める時 1番最初に行うことは黒く染まっている白髪染めにハイライトを入れて毛先を明るくしていきましょう。

なかなか踏み出せない方もいるかもしれませんが、白髪染めを辞めてグレイヘアになったお客様でまた染めたいといった方は1人もいません。

生えてきた白髪をキレイに伸ばして行きましょう!

よかったらシェアしてね!
SWELL
当サイトはWordPressテーマ『SWELL』を利用しています。

コメント

コメントする

目次