MENU
はさみ
現役美容師
現役美容師です!東京の青山で20年以上の経験あり。30,000人以上の髪のお悩みを解決してきました。メディア掲載多数。講師の経験もあります!

グレイヘアに移行する前に『白髪ぼかし』を行う選択

悩んでいる女性

グレイヘアにはしてみたいけど、まだ早いかな?

悩んでいる女性

白髪ぼかしってなに?

グレイヘアはいつかしてみたいけど、まだ早いと思っている方は多いです。

この記事でわかること

この記事では、美容室で実際に『白髪ぼかし』を行ったお客様を写真を使って紹介します。

グレイヘアにはまだ早いけど、白髪を徐々に受け入れていきたい方に向けた記事になります。

はさみ

現役美容師の僕が実際に、白髪ぼかしを行ったお客様を紹介しますね。

プロフィール
  • 現役美容師 『はさみ』と申します
  • 東京の青山で20年以上美容師として活躍
  • 現在も多くの顧客を抱える
  • 白髪染めを30,000人以上行っている
  • 講師の経験あり
  • メディアにも多数掲載されています
解説します!
目次

白髪ぼかしとは?

悩んでいる女性

そもそも白髪ぼかしって何?

白髪ぼかしとは?

細かいハイライトを入れて擬似的に白髪を作って、一旦洗い流した後に全体を明るく染めることを言います。

メッシュを入れたところには、透き通った色が入ります。それによって元ある白髪と馴染んで白髪染めをしている感じではなく染めることができます。

はさみ

全体を明るく染める事によって、白髪を馴染ませる事を言います。

実際に美容室で白髪ぼかしをしたお客様

白髪ぼかしをする前の状態
白髪ぼかしをする前の状態

上の2つの写真は、染める前の状態です。

根本が3センチほど伸びて、根本の白髪が気になる状態です。

はさみ

この状態から白髪ぼかしをしていきますね。

白髪ぼかしをした状態
白髪ぼかしをした状態

ハイライトを入れて、全体をアッシュ系の10トーンのカラー剤で染めた状態です。

はさみ

よく見ると白髪が全体的に染っていないのが分かります。

明るいカラー剤では白髪はしっかりと染らずに、薄く残ってしまいます。

全体を明るく染める事によって白髪があっても、なじんでボケる感じになっています。

白髪ぼかしのデメリット

白髪ぼかしは、白髪は完全には染まりません。

はさみ

そのため白髪自体を完全に染めて、見えなくしたい方には向きません。

髪を明るくするので、仕事などで明るく出来ない方には出来ないですね。

絶対に白髪を見えなくしたい方には、デメリットになりますね。

白髪ぼかしのメリット

髪が明るく染って白髪がうっすら残りますが、新しく生えてくる白髪が目立ちにくくなります。

暗めに染めるほど、根元から生えてくる白髪のコントラストが大きいので気になりますが、髪全体が明るくなる事によって気になりにくくなります。

明るいヘアカラーを使えるので、白髪染めでは選べなかったカラーの色味も選べるようになるところもメリットになります。

グレイヘアにする前に『白髪ぼかし』を試してみよう

グレイヘアにはいつかはしようかと考えていても、まだ決心がつかない方はまずは白髪ぼかしを試してみましょう。

髪が明るくなることで、白髪を受け入れやすくなります。

はさみ

実際の白髪染めより、カラーリングをする期間も伸びるのでいいですよ。

ある程度、髪を明るくすることができる方は挑戦してもいいですね。

悩んでいる女性

グレイヘアにする前に白髪ぼかしをしてみたいと思います。

よかったらシェアしてね!
グレイヘアにおすすめのシャンプー5選
https://hairdresser-design.work/gray-hair-shampoo/

コメント

コメントする

目次